offaa Magazine

建築に関する映像を紹介しています。

フリッツ・ラングによる未来都市映画『メトロポリス』(1927)

建築家を志していた映画監督フリッツ・ラングが制作当時の資本主義と共産主義の対立を描いた未来都市映画『メトロポリス』(1927)。

映画内では未来派のアントニオ・サンテリアによる機械の美学による巨大都市のイメージが実現したかのようなセットが造られており、1920年代でもっとも納得いく形で未来主義者の理想像が実現したものとも評されている。

 

映像情報

区分:SF映画

監督:フリッツ・ラング

公開:1927年