offaa Magazine

建築に関する映像を紹介しています。

コルビジェ、クセナキス設計の「フィリップス館」で上演された『ポエム・エレクトロニク』

1958年のブリュッセル万博においてル・コルビジェヤニス・クセナキスが設計した「フィリップス館」で、新しい電子音楽として425個のスピーカーを用いて上演された『ポエム・エレクトロニク』。

 

建築情報

建築:フィリップス館

設計者:ル・コルビジェヤニス・クセナキス

 

映像情報

区分:ミュージックビデオ

音楽:Edgard Varèse

公開:1958年